読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ベスト32(笑)】第30.5回シングル厨のつどいオフ使用構築【ラグマンダ】

二度と使わないと思っていたラグマンダの封印を解いたら何故か予選抜けた。


予選ガルーラブロック 9-2(多分1位抜け)

決勝リーグ 一回戦負け

萎え萎えシュンって感ジ

前回のラグマンダはこちら

ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物
ラグラージ 波乗り ステロ 欠伸 吠える オボン
ボーマンダ 捨て身 空元気 地震 竜の舞 ナイト
ギルガルド シャドクロ 聖剣 影打ち 剣舞
ボルトロス 10万 めざ氷 威張る 電磁波
キノガッサ ローキ ビルド 身代わり 胞子 毒々玉
スイクン 熱湯 凍風 ミラコ 吠える ゴツメ

ジバコイルとかいう置物が消えて、ギルガルドが入りました。
クレセもスイクンにチェンジ。
前回よりもちょっと並びが綺麗になった気がする。(ラグスイクンの時点でお察しだが)




f:id:jagabutter_0919:20141228001758g:plain

ラグラージ

特性:激流
性格:図太い
努力値:228-x-252-0-0-28
実数値:204-x-156-105-110-84
H4nでオボン効率向上
Bぶっぱ
残りS

い つ も の

詳しくは前回の記事参照。
今回は予選3回くらい欠伸ループにハメたしなかなか活躍してた。


f:id:jagabutter_0919:20141228001948g:plain

メガボーマンダ

特性:威嚇→スカイスキン
性格:意地っ張り
努力値:4-252-0-x-0-252
実数値:171-205-100-x-100-152→171-216-150-x-110-172
ASぶっぱ

前回の身代わり恩返しから、捨て身空元気に変更。
理由としては、後述する珠ギルガルドの影打ちでメガマンダの圏内に入れられる範囲を広げたかったから。
ありふれたポケモンのありふれた型なので特筆することもないが、上手く回せて捨て身の一貫取れた時の強さは筆舌に尽くし難い。
陽気にして、上から叩ける範囲を広げたいと思う時もあったが他の技+捨て身で縛れる範囲が狭まると思うので、ダメ計回してから決めたい。
相手のランドの前で竜舞を積みまくる姿は圧巻。



f:id:jagabutter_0919:20150309004054g:plain

ギルガルド

特性:バトルスイッチ
性格:意地っ張り
努力値:188-252-0-x-0-68
実数値:159-112-170-x-170-89⇔159-222-70-x-70-89
H10n-1
Aぶっぱ
残りS

初めて使った珠ギルガルド
ラグからも展開できるかもしれない。
ジバコ同様マンダとの相性補完が良く、ジバコと違い、ガルーラ相手にも引かずに殴れるところがGOOD
しかし、ガルーラと初手対面してしまうと、メガしない猫でこっちが一歩的にブレードを晒してしまうので、出来ればメガ後に投げたい。
クレセからドラン引き読み聖剣+影打ちで縛れるが、そもそもクレセがブロック内に存在しなかった。
珠影打ちはCSメガゲンを高乱数で落とせたり、舞ったこいつで抜いていくことも多々あったので、この枠は正解だったと思う(ジバコが弱い説)
こいつの難しいところはSラインだが、知り合いがみんなこれより早い珠ガルド使ってたので、僕もS上げます(半ギレ)



f:id:jagabutter_0919:20141124183807p:plain

ボルトロス

特性:悪戯心
性格:臆病
努力値:4-x-0-252-0-252
実数値:155-x-90-177-100-179(理想個体と仮定)
CSぶっぱ

マンダやガルドが上から殴れる範囲を広げられる電磁波撒きで相手の電磁無効枠。
この役割なら、図太いオボンの方がいいと思うが、個体を持っていないので泣く泣く臆病襷で採用。
なので技構成も襷ボルト最強の構成にしました。
オボンなら繰り出しがきくが、襷なので基本初手か死に出ししか出来ないのが辛かった。
ちゃんと個体は用意するようにしましょう(戒め)
(威張った試合は有効自傷引いて勝ちました・。・v)




f:id:jagabutter_0919:20141228001945g:plain

キノガッサ

特性:ポイズンヒール
性格:腕白
努力値:76-0-236-x-0-196
実数値:145-150-143-x-80-115
H8n+1
B陽気メガガルの猫一発目を身代わりが確定耐え
残りS

前回に引き続き今回もポイヒガッサ。
ビルド岩石封じはレートで呪い眠るナットに逆に起点にされたり、ポリ2にTODされたり散々だったので、そいつらを許さないビルドローキにした。
ローキにしたことにより、ゲンガーを相手にしなくなったので、腕白でBにがっつり振った調整にした。
ギルガルドボルトロスなどゲンガーに抗う手段が増えたことも起因している。
対面が増え、起点に出来る相手が少なくなってきた気がするので、この枠は変更したほうが絶対いい。
オフでも構築単位で選出できないことが多いので完全にお荷物になっていた。
こいつでフシギバナにローキ打つしかなかった時はマジで意味がわからなかった




f:id:jagabutter_0919:20150309013105g:plain

スイクン

特性:プレッシャー
性格:図太い
努力値:252-x-196-0-0-60
実数値:207-x-176-110-135-113(理想個体と仮定)
Hぶっぱ
Sこご風でガブ抜き
残りB

こいつもゴツメで削って他の圏内に入れる枠
ゴツメ二回+マンダの捨て身で、203ガルくらいなら落ちる。
構築単位でボルトが重い(この時点でだいぶ欠陥だが)ので、最終手段としてミラコを搭載した。
当然特殊相手にミラコを打てば、本来の物理受けとしての役割が成り立たないので、極力打たないようにしたい。
対面からグロパンで入ってくるガルーラはこご風→熱湯と動けばおそらくゴツメ反動圏内に入るはず。




総括
今回はガッサ以外は満遍なく選出したので、バランスはいいのかもしれない(強いとは言ってない)
地味に大規模オフの予選抜けは初めてなので嬉しかったりします。
次はもっと上を目指したいです。

参加された皆さん、運営の皆さん、お疲れ様でした。